本文へ移動

薬剤師ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

OTC薬の勧め 症例その3 「目の疲れに効く目薬はありますか?」

2019-11-15
症例その3 「目の疲れに効く目薬はありますか?」

1.来店者から聞き取った情報
*最近、目が疲れやすい。今日は少し充血している。
*目やには出ていない。痒みや痛み、異物感はない。
*目の見え方の異常(かすみ、ゆがみ、視野の欠け、二重に見える、蚊が飛んでいるように見えるなど)は感じていない。
*最近、レジャーに出かけたりしていない。
*仕事でパソコンをずっと見ていることが原因かもしれない。
 
2.注意すべき症状
*目に強い痛みがある。
*視野狭窄、視力の低下がある。
*ものが二重に見える。
*目の症状以外に吐き気、頭痛などがある。
*目をぶつけた。
*目やにがひどい。
などの状態があれば病院を受診したほうがいい。
 
3.基本情報
*15歳以上、妊娠・授乳なし。
*緑内症やその他の持病なし。
*副作用歴・アレルギー歴:なし。
*併用薬、サプリメント:なし。
*ソフトコンタクトレンズ(カラーではない)を装着するときがある。

4.どのようなOTC薬を選んだらいいか
抗ヒスタミン成分や血管収縮成分の中には、緑内症の人には禁忌または慎重投与とされるものがあります。
OTC点眼薬でも注意が必要です。来局者から得られた情報からは病院へ行く必要性、結膜炎やものもらいなどの可能性は低いので、目の疲れ、かすみ、充血など幅広く使える一般点眼薬を用いて経過観察してもいいと判断されました。

点眼薬を選択するうえで、コンタクトレンズを装着しているかどうかも重要な情報です。
さらにソフトまたはハードコンタクト装着者は使用不可のもの、ソフトコンタクトに対応していてもカラーコンタクト装着者には使用不可のものなど、様々な点眼剤があるのでその確認が重要です。
最近のOTC点眼薬は200円台のものから、1500円を超える高価格のものまであります。「高い方が効くのか?」。
 
一般的に、有効成分の種類の多さや濃度に伴い、幅広く症状に対応できるため、価格も高くなる傾向にありますが、低価格でも、配合成分が症状に適しており、かつその成分の最大濃度まで含まれているものもあります。

来局者に確認したところ、「疲れ目を解消したい」、「清涼感は少ないほうがいい」「なるべく低価格のもの」という希望がありました。
 
今回は、疲れ目に効く成分としてピント調節機能改善成分であるネオスチグミンメチル硫酸塩やビタミンB12などを含むもの(1000円以下)を選びました。その結果、ソフトサンテイアひとみストレッチ(第3類医薬品)を希望されました。
 
この製品は、これらの成分を最大濃度まで含んでおり、目に沁みることはなく、さらに防腐剤無添加でカラーコンタクトレンズにも対応できるものです。今回は、充血が少しありましたが、塩酸テトラヒドロゾリンなどの血管収縮作用のあるものは含有しないものを選びました。
 
その理由は血管収縮作用は対症療法に過ぎないためです。

(日経ドラッグインフォメーションより引用)

OTC薬の勧め 症例その2「熱っぽくて、鼻水も出るんです」

2019-10-16
症例その2「熱っぽくて、鼻水も出るんです」

1.来店者から聞き取った情報
*いつもより熱っぽかったので、体温を測ったら37.5℃だった
*鼻水が出て、喉も少し痛む。その他に症状はない
*かぜを引く頻度は、年1回程度
 
2.注意すべき症状
*急激な高熱
*38℃以上の熱
*熱が長く続いている
*発熱以外に嘔吐や下痢、発疹、腰痛、動悸などの症状がある
*かぜのような症状(微熱)を繰り返している
などの状態があれば病院を受診したほうがいい
 
3.基本情報
*15歳以上
*現病歴:なし
*副作用・アレルギー歴:なし
*併用薬、サプリメントなど:なし
*車の運転はしない
*かぜ薬を飲んで眠気を感じたことはない
 
4.どのようなOTC薬を選んだらいいか
かぜ薬というと、まず総合感冒薬が思い浮かぶでしょう。高熱が続き、体力を消耗してだるさを感じていたり、つらい頭痛や咽頭痛がある場合、使用者が15歳以上であれば、抗炎症効果がある非ステロイド抗炎症薬が薦められることが多いでしょう。
 
しかし、発熱が免疫反応によって生じていると考えれば、一律に非ステロイド抗炎症薬含有の総合感冒薬で炎症を抑えることが、症状改善や悪化防止につながるとは限りません。
 
症状が咳のみであれば鎮咳薬を、鼻水のみであれば鼻炎薬をというように、あくまで症状に合ったものを選ぶことが重要です。かぜの初期で中程度以上の体力があれば葛根湯も選択肢です。
 
この症例のように、熱っぽさ、軽度の鼻水、咽頭痛であれば、アセトアミノフェン(解熱・鎮痛)や非ステロイド抗炎症薬が適していると考えられます。
 
例えば、アセトアミノフェン、喉の消炎成分トラネキサム酸、鼻水を抑えるd-クロルフェニラミンマレイン酸を配合したベンザブロックSプラスなどが適切な選択になります。
 
このようなOTC薬は多種類ありますから、薬局やドラッグストアの薬剤師・登録販売者に相談するといいでしょう。
 
(日経ドラッグインフォメーションより引用)

OTC薬の勧め 症例その1「何日間もお通じがなくて」

2019-09-17
症例​その1「何日間もお通じがなくて」

1.来店者から聞き取った情報
*3日間ほど排便がない:これまでは毎日排便していた
*おなかが張って苦しい
*最近、資格を取るための勉強で不規則な生活が続いている
*発熱や下痢はない
*便秘薬は使ったことがない

2.注意すべき症状
*血便が出ている
*ガスは出ていない
*激しい腹痛がある
*倦怠感、発熱、吐き気などがある
*便秘薬は使っている

などの状態があれば病院を受診したほうがいい

3.基本情報
*15歳以上
*胃腸障害、肝臓病、腎臓病、心臓病、血液異常などはない
*副作用、アレルギーなし
*併用薬:月経痛があるとき決まった鎮痛薬を服用

4.どのようなOTC薬を選んだらいいか
便秘に用いるOTC薬には、
 
・浸透圧性下剤(大腸内に水分を引き込んで便を柔らかくする。塩類下剤や糖類下剤がある)
・膨潤性下剤(大腸内で水分を含んで膨潤し便を柔らかくする)
・刺激性下剤(大腸の動きを刺激して便を排出する)
・生薬成分(漢方薬などの排便作用をもつ生薬)
・浣腸
 
などがある。
 
便秘の症状が軽度であれば、刺激性が少なく、習慣性の小さい塩類下剤や膨潤性下剤を選ぶ。
普段から便秘がち、症状がつらい場合は、刺激性下剤を短期間用いる。
この場合、連用による薬剤耐性が増大したり効果減弱が起こるため、必要最小限の服用量、服用回数にとどめることが重要。

この来店者には浸透圧性の塩類下剤「酸化マグネシウム」の下剤(例えば、スラーリア便秘薬)が勧められる。
15歳以上は1日1回3~6錠を空腹時に服用。初回は1回3錠から服用し、症状に応じて錠数を調節する。
コップ2,3杯のおお多めの水で服用するといい。

他に、刺激の少ない膨潤性下剤でプランタゴ・オバタ種皮末もあるが、これらを含有するOTC薬はセンノシドなどの刺激性下剤との組み合わせが多いので注意したほうがいい。
(日経ドラッグインフォメーションより引用)
 

セルフメディケーションを上手く利用するために

2019-08-27
1.日常の健康管理が大切
 まず、規則正しい生活をすること。

日ごろから健康管理に気を付けるとともに、健全な生活を送ることがセルフメディケーションを達成するために最も重要です。
 
規則正しい生活、健康維持に必要な食事と時間、十分な睡眠時間など実行できていますか。これらが不十分だと、体力や免疫力などが落ち、すぐにかぜを引いたり、思いのほか悪化したり、治癒するのに時間がかかったりします。不摂生が続くといろいろな生活習慣病などをおこさせたりします。
 
2.市販薬を賢く使いましょう
 日常起きる軽度の不調は正しいセルフメディケーションで手当できます。

人間の体は、病気を予防したり、病気から回復するための自然治癒力を備えています。セルフメディケーションで正しく、早く薬を用いれば、弱った体力を回復させ、病気の原因を取り除き、症状を軽くして健康を取り戻せます。

かぜ気味で、頭痛があり、胃腸の調子も悪いなど市販薬で早期に治しましょう。

3.正確な知識を得るために、薬剤師や登録販売者など専門家を利用しましょう
 症状を見て、的確な薬を早く、正しく選んで使うことが大切です。

それには専門家をおおいに利用しましょう。もちろん、ネットからの薬情報も利用できますが、症状の的確な把握ができないと薬の選択を誤りますので注意が必要です。

4.健康状態の把握のために健康診断結果を利用し、専門家に相談しましょう

 ある特定の検査値が正常範囲であっても、他の検査値との関連を詳しくみる必要があります。
 
医師や薬剤師など専門家に相談して確認することが大切です。
 

セルフメデイケーション・セルフケアの時代を迎えました

2019-08-26
「セルフメデイケーションってどういうこと?」

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」です。
そのためには「市販薬(OTC医薬品)の正しい使い方」を知ることが必要です。
 
このシリーズでは市販薬の正しい選び方、使い方について解説いたします。

ちなみに、「セルフメデイケーションの日」が決められていて「7月24日(健康で健やかな生活を送り続けるためには、生活者一人一人が1日24時間、1週7日間を通じて、セルフケア・セルフメデイケーションに取り組むことが重要であることから定められた)」となっています。
タイヨウ薬局
920-1154
石川県金沢市太陽が丘3丁目1-15

TEL.076-229-7880
FAX.076-229-7881
 
TOPへ戻る